/

眠りのあきらめ

Acceptance of Sleep

紙ペラ.png

木材、布、綿、マットレス、鉄、カーペット

transmit program 2020

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

​2020  パフォーマンス(8日間)

woods, cloths, cotton, mattress, iron, carpets

transmit program 2020

Kyoto City University of Art Gallery @KCUA

  Performance (8days)  2020

_G7A8944.jpg

Photo: Takeru Koroda

963A2650.JPG

Photo: Kai Maetani

_G7A8966.jpg

Photo: Takeru Koroda

_G7A8956.jpg

Photo: Takeru Koroda

963A2746.JPG

Photo: Kai Maetani

〈行われなかったパフォーマンスに代わる記録写真〉

_G7A8867.jpg

Photo: Takeru Koroda

 

ビデオアーカイブ  ギャラリー@KCUA HPより

​セミダブルサイズのベッド 6つ
ふかふかの枕 10個

20メートルの布団 1本

黒い鉄の支柱 長2本 短2本
 

宮木を含む数十人による9つのパフォーマンス
 

「10人で同時に眠る」
「身体を疲れさせる」
「恋人と2人で眠る」
「女性の集まり」
「位置」
「ひかり」
「視線」
「安心感」
「夢への影響」
パフォーマーは”眠る”ことを目的にそれぞれ動き、動かす。
(感染症拡大により中止、内容変更)

睡眠は私的であるけれど、意識の外に落ちていくという意味で私的な行為ではありえません。休息のための眠りは私にとっての不安であり、知らされた眠りは、知られていることをどこかで諦めていきます。

 

展覧会開催中(2020年4月-6月)、新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言が発令され今回のパフォーマンスは中止を余儀なくされました。

私は一人、会場で眠ることにしました。会期中の毎週日曜日に会場に行き、今日はどのベッドで眠ろうか考えます。2つを繋げてキングサイズのベッドにしたり、無理やりに2段重ねにして床からできるだけ離れるように持ち上げたり、10個の枕を全部使って体がすっぽりとはまるように盛り上げたり、”眠る”ために体を動かし、”眠らす”ためにベッド・布団・枕を動かし続けました。そして私は、ギャラリーの中で人々に見られながら、意識を失い眠っていました。

6 semi-double size beds

10 fluffy pillows

One 20-meter futon

2 long and 2 short black iron posts

 

About the performance by dozens of people including Miyaki.

"Ten people sleeping at the same time"

"Exhausting the body"

"Sleeping with two lovers"

"Only woman"

"Position"

"Light"

"Gaze"

"Relief"

"Dream influence"

Each performer will move with the aim of "sleeping".

(Due to the spread of an infectious disease, the performance has been cancelled and the content changed.)

 

Sleeping is private, but it cannot be a private act in the sense that it falls outside of consciousness. Restful sleep is anxiety for me, and informed sleep is giving up somewhere in the process of being known.

 

During the exhibition (April-June 2020), a state of emergency was declared due to the spread of the new coronavirus, and the performance had to be cancelled.

 

I decided to sleep alone in the gallery. Every Sunday during the exhibition, I went to the gallery and think which bed I would sleep in today. A king-sized bed made by joining two beds together, or forcing two beds to be stacked on top of each other and lifted up so that they were as far away from the floor as possible, or using all ten pillows to make them rise up so that they would fit my body perfectly. I kept moving my body to sleep, and kept moving the bed, futon, and pillows to make myself sleep. And then I lost consciousness and fell asleep in the gallery while people watching me.